参加クリエイター(造形)よりコメントが届きました!【竹内信善】

Q:『群龍割拠 猫とドラゴン展』参加の経緯をおきかせください。
A:数年前、僕が参加していた展示会の会場に前田ヒロユキさんが来てくださって、
「いつか一緒に何かやりたいねぇ!」という話になり、その後もお会いすると
「ドラゴンで何かしよう」と言っていました。前田さんがいろいろと企画を練って大きく膨らませて
くれてた頃、開田さんから「猫とドラゴン展をグループで・・」と声をかけていただきました。
そして間もなく両ルートが合体。その場に居合わす事が出来た僕は、
最初期の段階で参加させて頂く事になりました。

Q:『群龍割拠 猫とドラゴン展』にかける意気込みをおきかせください。
A:前田さんの企画と、開田さんの猫ドラ展が合体、さらにCALさんが入ってくださって
内容が一気に膨らみました。会場も美術館に決まって、僕が子供の頃からの憧れていた
方も次々に参加が決まりました。開催が近づくにつれ僕の緊張は増しています。。
でも、ここは是非皆さんの胸を借りて、造ってみたかったものに挑戦する事にしました。

Q:最後に今回出展する作品PRをどうぞ!
A:これまでやった事のない方法も使って作品を造っています。
ぜひ会場でご覧いただければと思います。